f:id:raiannka:20150904181326p:plain

タケオは

結婚前提でお付き合いをしているアンコ と

弟のタカシの 三人で歩いていた・・・

 

今日は 町の映画館に 映画を見た帰りである

当時の映画鑑賞は かなりの娯楽の1つで

タケオが アンコの自転車を押してやり

タカシと三人で和気あいあいと 

帰路についていたのですが

 

突然 タケオが もようしてきて

と言うのは 大きい方を・・・

俗に言う う〇こ したくなって

我慢できず 暗闇の中 すすきの生えているところに、

 

今の時代の様な街頭の光なんかは ほとんどなく

夜は光から光の距離が長く、暗闇の多い時代だからこそ

町からの帰りに 外で う〇こ できたのだと思う・・・

 

タケオがガサゴソ すすき をかき分け

さぁ もようしますか と 腰を下げた瞬間

ガッシャーン!!

と おおきな 音が 

そのあとも立て続けに・・・ 

ガッシャーン!!ガッシャーン!!

 

 

タケオは 「なにごとだ!」 とあわてるも

出だした物は とまらない

 

早く ようをたして

音のしている 二人のもとに駆けつけると

 

なんと!

タカシが自転車を振り回しているでわないか

暗闇で見えにくいが 6人ほど相手に戦闘中!

 

タケオ駆け足で駆けつけ

なにをするかと思いきや

無言で一人を捕まえ 

ぼっこぼっこ に殴り始めた

 

タケオが加わり タカシと二人で 

ものの見事に全員やっつけた時には

自転車の姿は見るも無残に・・・

喧嘩の後 はじめてタケオが口を開き

 

タカシに理由を聞くと

 「6人が後ろから来て ちょっかいを出してきたから

 自転車投げつけてやったんじゃ」

先に6人がちょっかい出してきたみたいです。

 

 

タケオは たおした6人を立たせ

街頭の光のあるところまで

無残な姿アンコの自転車を運ばせた

 

光の中 6人はさらに震える

「あっ! タケ兄さん」

ボコ! また殴られる

 

その6人は近所に住む同世代の人たち

夜の暗闇でちょっかいを出した相手が

誰か わからなかった と

とても後悔している様子。

 

タケオは6人に

「先に帰るから 家まで自転車6人で運んで来い」 

と言って、立ち去りました。

 

町からタケオ達が住んでる場所は

結構距離があり

6人がヘトヘトになって自転車を抱え

タケオの家に着くと

 

「おまえら、あがってこい」

とタケオの声が奥から聞こえ、6人を招き入れた

 

おびえ怯え、家に上がると

 

美味しそうな匂いが立ち込めていて

「食ってけ」 と タケオが

 

見ると、そこには お酒と

美味しそうな料理が用意されていた

 

6人が唖然としてると

「姫屋 の一人娘が作った料理だ

 ありあわせでも味はいいぞ、早く食え」

と言い放って 奥の部屋に入っていった。

 

「さあ さあ たべなさいな」

 「もう、夜道で あんな事するんじゃないよ」

とアンコが6人にごちそうしてやりました。

 

次の日の朝、タケオが起きてきて

「おい、今日 自転車 買いにいくぞ」

で、この物語は終わるのでした。

 

 

 タケオ 強者ですね~

今の時代だと絶対 警察のご厄介になってます(笑)

 

喧嘩はいけない事ですが

最近の若者の喧嘩の風潮を見てると

法律を利用している姑息なものが目に付く

 

たとえば、 殴ってこいや~ とか

      かかってこんかい! とか

先に相手に手を出さそうとする

 

最悪なのは 誰かが止めに来るまで

顔を赤らめて その言い合いで終わる

 

刑法で先に手を出した方が悪いからだ!

 

手を先に出させて 適当になぐり合って

警察よんで 先に殴ってきたのは あいつです 的な・・・

 

先に手を出した方が傷害罪

喧嘩吹っかけて出させた方が被害者・正当防衛をきどる

まったく情けない・・・

まったく情けない・・・

 

ここは 改正すべきじゃないですか!?

 

タケオの様なさっぱりとした喧嘩も

今は見ることもなくなりました・・・

 

ちなみに 私は 一切喧嘩はいたしませんし

小さい喧嘩も 大きな喧嘩も 望んでません

ので あしからず・・・