f:id:kiyotakabaske:20170522004200j:plain
はい、スライムです。
クオールに勤める友人に全力で語っていただきました。

それでは行ってみましょう!
まず現在のクオールのボーナスを知る前に

「かかりつけ薬剤師」を知っておく必要があるかと思います。

かかりつけ薬剤師とは?

かかりつけ薬剤師とは患者さん一人一人のお薬の管理を行い、服用状況を把握し、他のお薬との飲み合わせや副作用などの相談、健康全般のアドバイスなどを行い、その患者さんにとって最適となる薬による治療を目指していくものになります。

患者さん自身が、信頼のおける薬剤師を選び、自分が服用しているお薬のことを把握してもらい、薬局の営業時間外(24時間対応)でも、何かあった場合に相談や適切なアドバイスを受けることが可能です。

24時間薬剤師が対応するのですよ・・・

今後のニーズの高まりから、「かかりつけ薬剤師」になることでお給料があがる効果もあるかもしれません。
実際に、薬局によっては「かかりつけ薬剤師」に選ばれると、インセンティブを支給することもあります。

さて、このかかりつけ薬剤師制度が始まって約1年が経ちました。

上記の内容を含めてクオール薬局のボーナスを暴露していきたいと思います。

私はクオールに勤める友人が数多くいるのですがこういった内容(愚痴)を言う人が大半です。

「かかりつけ薬剤師にならないとボーナス下がる」

そうなのです。会社がかかりつけ薬剤師になるように斡旋しているのです。

そしてかかりつけ薬剤師にならなければボーナス減給、なってかかりつけの患者を増やせばボーナス増給

結果がリアルに出ます。サラリーマンですよね。

医療人として目指すものが違ってるような・・・

そんな訳でクオール薬局に勤めるかかりつけ薬剤師A氏とそうではないB氏のボーナスがこちらです。

5年目の管理薬剤師A氏は夏冬合わせて約120万

6年目の管理薬剤師B氏は夏冬合わせて約100万

24時間患者対応して年間20万の差です・・・

うーんそうだな、とりあえずクオールにこだわる必要ってある?

私なら疑問に思って辞める。

クオール薬局でこちらも読まれています。

kiyotakabaske.hatenablog.com

もうすぐボーナスの時期ですね・・・

ああ、年に4回ボーナスがあればいいのに・・・