f:id:youchiryoin:20170117164451j:plain

こんにちは。秘境をめぐる治療家、中村ひろきです!

1日20人出張施術の依頼を受けて、岡山県真庭市へ行ってきました。

ぼくは今まで「岡山=桃太郎」くらいの予備知識しかありませんでした。

むしろ、岡山出張を終えた今も「岡山=桃太郎と地酒」くらいの知識しかありません。

でも、今回地元の方々と接することで、強く確信したことがあります。

それは、高齢化が進む地方では、20代の若者が「ただそこにいるだけで」ヒーローになれるということ。

今回は、そんな可能性を感じずにはいられなかった岡山の秘境からのレポートです。

※過去の秘境出張記事はコチラです。

 

岡山県真庭市ってどんなところ?

f:id:youchiryoin:20170116230814p:plain

真庭市(まにわし)

・岡山県ながら、ほぼ鳥取県。

・名古屋の自宅から片道6時間を要する。

・1981年に-20℃を記録した豪雪地帯。

 出発当日は、日本列島の9割のエリアで大雪が直撃した日でした。

そのおかげもあって、実に悠久な時間を経て現地に到着しました。 

 

名古屋駅ではエビスBARで一杯やって優雅なモンでしたが、

f:id:youchiryoin:20170117070110j:plain

 

現地に近づくにつれて、平成から昭和へと時代が逆行し、

f:id:youchiryoin:20170117065440j:plain

 

到着した現場に至っては、明治初期に建てられた古民家でした。

f:id:youchiryoin:20170117065916j:plain

こちらのまにワッショイ古民館は地域の交流スペースとして使われており、移住希望者の宿泊施設もなるんだとか。

片道6時間半かけて来た分、出迎えてくれた方々の優しさが心に染みました。